低金利カードローンへの借り換えで賢く返済

低金利カードローンへの借り換えで賢く返済

これは私の実体験の話。

 

当時大阪の会社から横浜の会社へ転職するにあたり、引っ越しなどで金が足りなくなった。そこでとある消費者金融に相談すると、「50万円融資できます」と提示されたので、それを受けて50万円借りた。 今考えるともったいないことをした。だって30万円もあれば十分足りたのだから。今でこそ消費者金融に対する知識は豊富だが、当時は急いでいたこともあったし、勧められるままに借入を行ってしまった。

 

転職により、年収は400万円から500万円に上がる予定だった。他に抱えていたローンとしてはマイカーローンがあった。2年前に300万円で車を買い、月々3万円、ボーナス月15万円払いのローンを組んでいた。 その話は相手にも伝えていたが、会社が倒産したり、あるいは私が首にでもならない限り、返済不能になることはないと思えた。もちろん相手もそのように考えて50万円も貸してくれたのだと思う。

 

消費者金融というと、利用する前のイメージとしてはガタイのいい強面のお兄さんが出てくると思っていたが、窓口は女性で大手銀行と全く変わらない対応だった。

 

転職後は給料も増え、借入後は滞納もなく毎月ATMから返済していたが、失敗したのはキャッシングした50万円のうち、引越しなどにかかった金以外の20万円の使い道だ。 地元大阪から横浜に引越し、近くに友人もおらず、慣れない職場でストレスが溜まり、その20万をギャンブルなどで散財することで気分を紛らわせていたようにも思う。

 

思い返せば本当に無駄なことをしたが、当時の不安な気持ちを考えればしょうがないとも言える。その後、落ち着いてから、利率の高い消費者金融への支払いをやめ、低金利のカードローンへ借り換えた。これは銀行カードローンを利用したのだが、金利を14%から6.9%まで下げることができた。返済は給料の口座から引き落としの形にしたため、銀行の窓口やATMに行くことすらなかった。借り換えをしてからは毎月淡々と返済して、きちんと完済することができた。

 

この記事を読まれている方は、行動する前によく調べて、後悔のないキャッシングをしていただきたいと思う。

ネット上で人気の即日キャッシングについて

それぞれのカードローンの会社別で、多少なりとも違うところがありますが、どこでもカードローンの取り扱いがある会社は審査基準どおりに、申込んだ金額について、はたして即日融資が間違いでないか慎重に確認しているのです。
キャッシングの会社はたくさんありますが、利息がいらない無利息期間を設けてのキャッシングサービスをやっているところは、消費者金融系キャッシング会社のキャッシングしか見当たらない状況になっていて選択肢は限られています。しかし、かなりお得な無利息でのキャッシングが実現できる期間の限度が決められています。
なんだかこの頃はキャッシングという言葉とローンという言語が持っている意味などが、ハッキリしなくなくなっていて、どっちの言語も大きな差はないニュアンスでいいんじゃないの?という感じで、利用されるのが一般的になっている状態です。
融資の利率がかなり高い業者が見受けられるので、重要な点に関しては、しっかりとキャッシング会社によって違うポイントなどを先に調べて納得してから、借入目的にピッタリの会社に申し込んで即日融資のキャッシングを利用するのがきっといいと思います。
一番目に入るのがご存知のキャッシングとカードローンという二つの言葉だと想像できます。この二つがどう違うの?という疑問があるというお便りもかなり多いのですけれど、詳細に比較してみて言うと、支払い方式に関する手続きなどが、違っている部分があるくらいしか見つかりません。

 

本人が本当に借りたお金を返済可能かどうか詳しく審査しているのです。滞納せずに返済すると認められるという融資承認の時、やっと利用を申し込んだキャッシング会社は融資を実行してくれます。
「新規融資のための審査」なんて固い言葉の響きで、いろんな書類が必要な面倒な手続きのように思ってしまうのも仕方ないのですが、普通は仕入れた膨大な記録を使って、最初から最後までキャッシング業者側で処理してくれるというわけです。
ものすごく前の時代だったら、キャッシングの可否を決める審査が、かなり緩やかだったときもあったようですが、現在は甘いということは全くなくなり、審査結果を出すときは、全ての人に基準どおりの信用調査が徹底的にやっているということです。
何年も前でも過去に、借り入れたけれども返せなかったなどの問題を発生させた経験があれば、キャッシング申し込みの審査を通ってお金を借りていただくことは出来ない相談です。当然なのですが現在だけではなく過去もその記録が、素晴らしいものじゃないと認められることはないのです。
実はカードローンの会社には、まずは信販系の会社、金利が高めになる消費者金融系の会社といった種類の違いがある。種類別だとやはり銀行関連の会社は、審査時間が長くて、急いでいても即日融資を受けるのは、困難である会社もけっこうあります。

 

企業のポータルサイトなどネット上で人気の即日キャッシングについての内容などが書かれているところはすぐに見つかりますが、本当に申し込むときの詳しい入金までの流れなどを紹介しているところが、とても少ないのが悩みです。
要するにカードローンは、融資された資金の使い方を完全に問わないことによって、使いやすくしたものなんです。マイカーローンや教育ローンなどの目的があるローンよりは、若干高めの金利で借り入れることになりますが、キャッシングに比べると、少し低めの金利で提供されているものがどうも多いようなのです。
銀行が母体で経営している会社のカードローンを利用した場合、貸付の制限枠が他よりも高くなっている上、利息は低めにされている点はうれしいのですが、審査の融資の可否を判断する条件が、消費者金融系の会社が提供しているキャッシングよりもパスしにくいようです。
もし長くではなくて、借入から30日以内に完済可能な金額だけについて、キャッシングで融資を受けることを検討中なら、新規申込から一定期間なら金利の心配がない無利息でOKのキャッシングで融資を受けてみたら?
無利息キャッシングとは、キャッシングでお金を借り入れても、利息が発生しないことです。実際には無利息キャッシングと呼ばれているものの、やっぱりそのままいつまでもサービスの無利息の状態で、借りられるという意味ではありませんからね。

オススメ外部サイト

総量規制対象外
総量規制によって年収の3分の1を超えないように借入額は制限されます。ところが、それ以上のお金が必要な場面も多いはず。
そこで、総量規制対象外のカードローンの登場です。このサイトを観れば最適な借入先が見つかるはずです。